Amazon.co.jp ウィジェット

地球を777周半

旅することは生きること by アンデルセン

芥川龍之介を翻訳して再翻訳したらこうなった

かちかち山 とうふのびょうき ほか (むかしむかし)

かちかち山 とうふのびょうき ほか (むかしむかし)

かちかち山|芥川龍之介

原文

 童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎うさぎとは、舌切雀したきりすずめのかすかな羽音を聞きながら、しづかに老人の妻の死をなげいてゐる。とほくに懶ものうい響を立ててゐるのは、鬼ヶ島へ通かよふ夢の海の、永久にくづれる事のない波であらう。  老人の妻の屍骸しがいを埋めた土の上には、花のない桜の木が、ほそい青銅の枝を、細こまかく空にのばしてゐる。その木の上の空には、あけ方の半透明な光が漂ただよつて、吐息といきほどの風さへない。  やがて、兎は老人をいたわりながら、前足をあげて、海辺につないである二艘にさうの舟を指さした。舟の一つは白く、一つは墨をなすつたやうに黒い。  老人は、涙にぬれた顔をあげて、頷うなづいた。  童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎とは、花のない桜の木の下に、互に互をなぐさめながら、力なく別れをつげた。老人は、蹲うづくまつたまま泣いてゐる。兎は何度も後をふりむきながら、舟の方へ歩いてゆく。その空には、舌切雀のかすかな羽音がして、あけ方の半透明な光も、何時か少しづつひろがつて来た。  黒い舟の上には、さつきから、一頭の狸たぬきが、ぢつと波の音を聞いてゐる。これは龍宮の燈火ともしびの油をぬすむつもりであらうか。或は又、水の中に住む赤魚あかめの恋を妬ねたんででもゐるのであらうか。  兎は、狸の傍に近づいた。さうして、彼等は徐おもむろに遠い昔の話をし始めた。彼等が、火の燃える山と砂の流れる河との間にゐて、おごそかに獣けものの命いのちをまもつてゐた「むかしむかし」の話である。  童話時代のうす明りの中に、一頭の兎と一頭の狸とは、それぞれ白い舟と黒い舟とに乗つて、静に夢の海へ漕こいで出た。永久にくづれる事のない波は、善悪の舟をめぐつて、懶ものうい子守唄をうたつてゐる。  花のない桜の木の下にゐた老人は、この時漸やうやく頭をあげて、海の上へ眼をやつた。  くもりながら、白く光つてゐる海の上には、二頭の獣が、最後の争ひをつづけてゐる。除おもむろに沈んで行く黒い舟には、狸が乗つてゐるのではなからうか。さうして、その近くに浮いてゐる、白い舟には、兎が乗つてゐるのではなからうか。  老人は、涙にぬれた眼をかがやかせて、海の上の兎を扶たすけるやうに、高く両の手をさしあげた。  見よ。それと共に、花のない桜の木には、貝殻かひがらのやうな花がさいた。あけ方の半透明な光にあふれた空にも、青ざめた金きんいろの日輪が、さし昇つた。  童話時代の明け方に、――獣性の獣性を亡ぼす争ひに、歓喜する人間を象徴しようとするのであらう、日輪は、さうして、その下にさく象嵌ざうがんのやうな桜の花は。

中国語

在童话时代的臼智惠ri中,所谓一人的老人和一头的兔子兔子,一边听到舌头恳切麻雀下面只有麻雀的微弱的振翅声,一边穿(戴)叹息向zu吗老人的妻子的死wiru。在穗ku上(里)立起懒的也痛苦的响wiru的,通吗yofu梦的海的,永久由于kuzureru事没有的波浪洗到鬼岛。  对于填埋老人的妻子的有尸体身体在的土上面,花没有的樱树,细微细小地到天空延缓细的青铜的树枝,wiru。向那个树的心不在焉,漂只有与四个te,大喘气没有到好的程度的风sa开方法的半透明的光。  不久,兔子一边体恤老人,举起前足,为接着到海边的二艘手指一边插上了sau的船。船之一很白,一个做墨的爬山虎和海胆黑。  老人,举起由于眼泪沾湿的脸,颔点头了。  在童话时代的臼智惠ri中,所谓一人的老人和一头的兔子,在花没有的樱树下,彼此一边安慰彼此,没有力量地一边告别了。老人,是蹲的zu熊爬山虎有时哭wiru。兔子好多次在后边一边回头,一边走去到船。到那个天空,发出舌头恳切麻雀的微弱的振翅声,开方法的半透明的光,不知不觉少做干ro引线也来了。  在黑的船上面,从阴历五月开始,一头的狸狸,ji突然听到波浪的声音wiru。打算偷龙宫的灯火灯火的油冲刷这个吗?并且,在嫉妒也住在水中的第红鱼红的恋爱嫉妒wiru的冲刷某吗?  兔子,接近了狸的一方。sau做,他们开始说徐慢慢地远从前。他们,是与火着火的山和沙流动的河的间wite,庄严地ma也引线wita「很古的时候」的话兽走兽的生命生命。  在童话时代的臼智惠ri中,所谓一头的兔子和一头的狸,各自白的船和黑的向船在乘引线,静上(里)用漕鲤鱼出了到梦的海。永久kuzureru事没有的波浪,是megu引线善恶的船,歌引线wiru懒的也痛苦的看小孩儿歌。  花没有的樱树下wita老人,是今天渐和u大体举起头,向海上面东西ta眼。  一边变阴,很白地在光引线wiru海上面,二头兽,继续最后的相争干一边wiru。除慢慢地沉去的为黑的船,狸乘引线wiru的中们u吗?sau做,在那个附近飘浮为wiru,白的船,兔子乘引线wiru的中们u吗?  老人,由于眼泪沾湿的眼使之闪耀,帮助(救助)和海上面的兔子扶海胆,高(贵)地举两只手。  看。以及一同,在花没有的樱树上(里),贝壳吗山雀的yau的花开了。在开方法的半透明的光上(里)溢出的天空,苍白的钱也不来到在ro的星期日圈,照射升爬山虎。  童话时代的向黎明,——洗,日圈,sau做,在那个下开的镶嵌zau癌的yau的樱花的花呢因为做兽性的兽性亡bo对相争干,打算象征欢喜的人。

f:id:lunapig:20140629185748p:plain

再翻訳

童話の時代のうすの知恵の恵みriの中で、いわゆる1人の老人と1匹のウサギ、舌を耳にしながらていねいだスズメ次にただスズメの微弱だのはばたく音、、(つける)を着てzuは老人の妻のがwiruが死ぬにため息をつきます。広州kuの上で(中)は怠惰な苦痛なよく響くwiruのを立ち始めて、yofu夢の海のを通して、永遠にkuzureru事のない波浪が幽霊の島まで(に)洗うため。  埋めるについて老人の妻の死体の体のある田舎くさい上を埋めて、ない桜の木を使って、かすかで小さく空まで(に)細い青銅の木の枝、wiruを遅らせます。その木のうわの空なのに向って、ただ4つのteと漂って、大いに呼吸して良い程度の風saまで(に)方法の半透明の光を開きがありません。  間もなくて、一方でウサギは老人に同情して、挙げる前に足、引き続いてのために海岸の2本の指一方でまで(に)sauの船を挿しました。船の中の一つはとても白くて、1つの墨をするツタとウニが黒いです。  老人、涙がぬれる顔をつけるため挙げて、下あごはうなずきました。  童話の時代のうすの知恵の恵みriの中で、いわゆる1人の老人と1匹のウサギ、ない桜の木を使う下に、互いに互いにを慰めながら、力、別れを告げました。老人、しゃがむzu熊のツタが時には泣くのwiruです。ウサギは何度もうしろ、に改心しながら、で船まで(に)歩いていきます。その空に着いて、舌のていねいなスズメの微弱なはばたく音を出して、方法の半透明の光を開いて、いつの間にか少なくro導火線をしても来たのをします。  黒い船の上で、陰暦の5月から、1匹のタヌキ、jiは突然波浪の音wiruを耳にします。竜宮城の明かりの油(脂)を盗んでこれを洗い流すつもりですか?かつ、も水に住みに嫉妬する中の第フエダイの赤い恋愛はwiruのがあるを洗い流しに嫉妬しますか?  ウサギ、タヌキの一地方に接近しました。sauはして、彼らは徐のゆっくり遠い昔を言いを始めます。彼ら、怒ります火事になる山と砂の移動する川の間wite、厳かにmaも導火線wita「とても古い時」の話のけものの獣の生命。  童話の時代のうすの知恵の恵みriの中で、いわゆる1匹のウサギと1匹のタヌキ、各表明の船は黒いののと船導火線に乗る、静かだ上で(中)に水路で輸送するコイで夢に着く海を出ました。永久のkuzureru事のない波浪、megu導火線の善悪の船で、歌の導火線wiru怠惰な苦痛だのは子供の童謡を見ます。  ない桜の木の下でwita老人を使って、今日だんだんuと大体最初は海の上のものta目に、を挙げるのです。  一方で曇って、とても白地はつやがある導火線wiru海の上にあって、2匹のけもの、最後相争って一方でwiruをするのを継続します。ゆっくり沈んでいったのが黒い船だを除いて、タヌキは導火線wiruの中達uに乗りますか?sauはして、その近くで漂ってwiruになって、白い船、ウサギは導火線wiruの中達uに乗りますか?  老人、涙がぬれる目をつけてそれによってきらめくため、(救助する)と海の上のウサギにウニを支えるように助けて、高(高い)は2匹の手を挙げます。  見ます。およびいっしょに、派手なない桜の木の上(中)で、貝殻は山の雀yauのは花が咲きました。方法の半透明の光を開く上に(中)のあふれ出る空、青白い銭也はroの日曜日に小屋に来ないで、照射してツタに上がります。  童話の時代の黎明に向って、――洗って、日小屋、sauはして、その下で開いたのは獣性の獣性をして亡くなってbo相争いに対してするためzau癌のyauの桜の柄物の毛織物を象眼して、考えるのは喜ばしい人を象徴します。

芥川症

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

広告を非表示にする

上へワープ f:id:lunapig:20140811010911g:plain